Gravity Mailにおいてのタグとは他のメーラでのタグとは多少異なります。

1つのメールに複数のタグをつけることが可能です。このあたりはGmailなどと同様です。
そして、タグをつけたメールを探す方法として以下の2つの方法があります。

  1. タグ名から探す方法
  2. 関連メッセージから探す方法

また、タグを追加する場合には本文を参照し、そこから以下の2つ方法で登録が可能です。

  1. 自分で「タグ」を指定し、登録する方法
  2. 本文の一部を選択し、その選択された文字を「タグ名」として登録する方法

タグからのメールを参照する方法

タグ名から探す方法

タグ名は「タグクラウド」や他のメールにつけられた同じ「タグ」から探す方法があります。
この場合には、必ず同じタグが他のメールにもつけられている必要があります。
つまり、同じ「フォルダ」にあるメールのように思っていただければよいと思います。

このように、「タグクラウド」ではたくさん同じタグがある場合には大きく表示され、
あまり登録数がないタグは小さく表示されます。
また、1つ1つのメールの一覧でも、タグがついている場合にはそのタグが表示されますので、
そのタグから目的のメールにたどりやすくしております。

関連メッセージ

この関連メッセージとして表示できるところが、このメーラの特徴です。
同じタグをつけているメールを探してきてその一覧を表示します。
たとえば、
「仕事」「営業」「マニュアル」「顧客向け」
のようなタグをつけていれば、このタグのいずれかをつけているメールを探してきて、
より一致度が高いメールから順に表示します。
従って、より自分にとって似たメールを探し出せるという訳です。

このように、メールを開いたときに目的のメールと違った場合でも、
そのメールからよりほしい情報に近いメールが探しやすくなっているという訳です。

タグの作成方法

自分で「タグ」を指定し、登録する方法

本文を開いたら「タグ管理」をクリックしてください。
左側にタグを追加するためのエリアが表示されますので、
そこのテキストボックスにつけたい名前を入力し、「登録」をボタンを押せば登録の完了です。

本文の一部を選択し、その選択された文字を「タグ名」として登録する方法

つけたいタグが本文中にあるのであれば、その文字を選択からも登録が可能です。

選択を行うと、その文字の上部にタグのアイコンが表示されますので、
それをクリックすると登録の完了です。登録後に何も表示されませんが、
「タグ管理」を開いた状態や、タグクラウドが見えるようにしてあれば、
登録後にすぐにそのタグが見えるようになります。

戻る