iOS6で初めてiPhoneを個人的に持つ事になり、Swiftも使えるのでここは気分を新たに、iOSの開発をはじめるかー
ということで、初めてみることにしました。
しかしながら、Swiftでやったらいいのか、Objective-Cがいいのかよくわかりません。

既存のCライブラリ(いわゆるlibzやlibxmlなどなど)を使う事になると、
Swiftではそのままではできないようで、結局Objective-Cが必要になるとこと。

どうしても
[[NSxxxxxx] alloc] initXXXX:XXXXXX]
みたいのがいやなんだよね。よこに長すぎて、記憶力がとぼしいおいらにはついて行けんぞよ。
とか、思っていたものの、いろいろやってみたら、
XCodeが一番使いにくいというところに自分的には落ち着いてしまいました。

で、結局・・・・・・

できるだけOSに依存しないC++で作成。
CLionというまだPreリリース中のC系のIDEで記述。
基本的動作は、Macのネイティブ用にビルドしてそこで確認。

ビルドはCMakeという自分に取っては使い慣れたもの。やっと、こういうIDEがでてきた。
で、iOSのライブラリのビルドもCMakeでできるだけやってしまうのと、XCodeのプロジェクトもCMakeで作る。
だから、OSのターゲットを変えれば、Macネイティブ、iOSと切り替えられるようにしておく。
記述に多少面倒ではあるが、いちいち、iOS上でデバッグしなければならないことを考えれば、かなり楽。
ただ、ちょっとだけ、CMakeじゃどうやればいいのかわからないところがあるので、そこはXCodeを多少使う。

関数(?)の利用程度でObjective-Cをつかう。Objective-Cの”Objective”の部分は、C++(mm)でやってしまっているので、
今のところ使わない。
そこで、XCodeで記述かと思いきや、やはり、有料ではあるものの、別のIDEである、AppCodeというツールを使う。
これはCLionと同じ会社のJetBrainというところのもの。
Android Studioや、IntelliJ IDEA、WebStormなどがあり、コーディングスタイルを合わせられるので、
XCodeだとなんだっけ?みたいなのを考えなくてすむので、複数の言語を同時に扱っているような人にはおすすめ。

こんな感じで、できるだけiOS依存にならないようにすることで、何とか開発中。
いまだ、XCodeの使い方がよくわからないものの、
lipoだの、xcodebuildだのその当たりの知識は無駄についてきた。

しかし、よくあのXCodeのbuild設定で皆さん使えてるのか不思議でなりません。
私は、なぜ、あんなに設定項目があるのか未だによくわかりません。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2014年12月
« 10月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ