こちらの本を読みました。

「Androidエンジニアのための」と書いてあるので、Androidの作法について書かれているのかと言えば、
そうではなくJavaについて記述されている本です。

JavaがAndroidがある前から知っている人からすれば、少し不思議な感じがしますが、
AndoridからJavaを始めるという人が増えてきたということなのだと思います。
なので、何となくAndroidでJavaを初めて見たものの、改めてJavaとしての知識を付け直そうと思っている方にはいいかもしれません。

前半はJavaの基本的な部分の部分ですが、文法以外にちょっとしたJava文化の慣習や「べき」論が記述してあるので、
それはそれで、読むべきところはあると思います。
(このあたりは、Javaを知っている人が身近にいればなんていうことはないかもしれませんが、
周りにJavaが知っている人がおらずに独学している人にはいいとは思います。)

後半からは、「コレクションフレームワーク」や「アノテーション」などちょっと応用部分になっていますので、
Javaを何となくやっていたものの、改めて復習をしたいなと思っている方にも、新たな知識や気づきがあるはずです。

そういう意味では、Javaの経験があるにもかかわらず、「わかってます」とは言いきれない方が、
復習の「前半」
予習の「後半」
として読むにはよい本だとおもいました。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2013年9月
« 6月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ