昨日、一昨日と契約しているVPSのサーバが反応しなくなりました。
原因はわからないのですが、契約しているVPSのタイプはOpenVZ系の仮想化(区画化かな?)でして、
iowaitが100%のまま、張り付いてしまい、サービスがすべて事実上機能しない状態となっておりました。
(もちろん、自分のプロセスが原因ではありません。)

さらに、なぜかそのサービスではあわせて、コントロールパネルも一部使えなくなったのですが、
サービスにかかわる部分はいいとして、DSNの設定までもが利用不可。という状態。

このために、「代わりのサーバだけを用意し、そこにDNSの設定を向ける」事ができない!!

という訳で、急遽、サービスの移設とドメイン移管を行いました。

ドメイン移管はちょっと面倒でしたが、必要に迫られたことでやる気になりましたが、
DSN設定はけっこう自由になったのでよかったです。
まあ、今年こそはもうちっと安いサービスに乗り換えたいと思っていたので、
いいきっかけになったことは事実です。

年末にかけて、このサービスのねぐらをもう一度考えて見ることにします。

結局、VPSサービス(仮想化)で、ホストが即対応とはいえないレベルの障害の時に
ゲストOS側では何もできないことを実感しました。
(サポートから来た報告は、「負荷が非常に高くなっているようです。」との連絡がきましたが・・)

つまり、DNS等で別のサーバに割り当てを変えるという事ができるようにしておかないと、だめだということですね。
(個人レベルでそこまでやるかは別ですが・・・)

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2012年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ