Qt4でブラウザを組み込んでみた。
はっきりいって、簡単にできる。

Qt をはじめよう! 第6回: 簡単なブラウザを作ってみよう!
を読めばインストール自体を抜きにして、2,3時間もあればまずできる。

Qt4のWebKitがいいのは、さらにブラウザの動作設定を細かくできることだ。

QWebSettings *settings = ui->webView->settings();
//  キャッシュなどを残さない設定(らしい)
settings->setAttribute(QWebSettings::PrivateBrowsingEnabled,true);
//  画像が読みこまれない
//  スタイルシート内も当然読みこまれません
settings->setAttribute(QWebSettings::AutoLoadImages,false);
//  JavaScriptが実行されない
settings->setAttribute(QWebSettings::JavascriptEnabled,false);

とこのような設定を追加するだけで、結構セキュリティが高いブラウザができる。
これをAdobe AIRでも、JavaFXでもやる方法がなかった。(少なくとも私には見つからなかった)

このような書き方ではなく

QWebSettings::globalSettings()->setAttribute(QWebSettings::AutoLoadImages,false);

のようなグローバル設定でもできる。

これ以外にも、ここをみれば、他の設定がいろいろあることがわかるだろう。
MeeGoのドキュメントとなっているが、SDKについているリファレンスではなく、
外部にあるリファレンスのURLがわからなかっただけです。
(たぶん、内容は同じ)

残念ながら、Qt4 SDKをMac Lionにインストールしてみたら、
エラーで試せなかったが、いずれ問題なくなるだろう。

実は、スキーマを自分で独自に作りたい。
(もちろんそれを、読む方法も自分で作りたいわけだが・・)
だって、epub:// ってスキーマが自分で作れれば、それをどのようにしてデータを取得するかも、
定義できるわけだから、いろいろと技術的に自由度が広がりそうだ。

これができるだろうか?
ヘルプのURLをコピーすると、
qthelp://com.trolltech.qt.481/qdoc/index.html
のようになるので、いけるんじゃないかと思っているが、その方法はまだわからない。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2012年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ