AIRアプリから、Javaを起動し時刻を取得するアプリを作ってみました。
http://code.google.com/p/anej/downloads/list
からダウンロードが可能です。

使い方は、
1)jvm.dllへのパスを指定してください。デフォルトでは固定で表示しており、Windows7 64bitで32bit JRE7のパスが入っています。(32bit JREでないとたぶんだめです。)
2)Class nameは今はそのままに。
3)startボタンを押します。
 java vm startの文字が表示されたら、OKです。
 ここで、ポート9991を開いていますので、Windowsの設定によっては、ダイアログが表示されます。

4)Callボタンを押すと、現在の時刻が表示されます。
 このボタンを押すたびに、時刻の表示が変更されるはずです。
 http://localhost:9991/に直接アクセスしてみることもできます。
 
5)endボタンを押して、java vmを停止します。

とこんな感じです。
実際実行しますと、デスクトップにC側のとりあえずのデバッグファイル(anej.txt)が出力されます。
(捨ててください。)

実際インストールしたフォルダをみると

classes
|- log4j.xml
libs
|- *.jar
のようにJava関連のファイルがあることが分かると思います。

anej(と命名してみました。)では、指定したクラスの
static boolean init();
static boolean start();
static boolean stop();
を呼ぶようにしておりますので、

必要なjarファイルをlibsの下に入れて、
また、classファイルはclassesファイルに入れれば、別のクラスも呼べるはずです。
その時には、2)のClass nameの指定を変更してください。
この時にドットはスラッシュにしないといけません。

後ほど、もうちょっと詳しい説明を記述していこうと思います。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2012年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ