「やる気がゼロでも仕事をする方法」
という記事の中で紹介されていたツールで、テキストボックスに文字を入れていけばメールになる。
というやつ。これは結構アイデアとしていいですね。

ほとんどのビジネスメールなんて、定型フォーマットで十分なのでは?
と思っているし、新入社員(新卒)は、
よくできた定型フォーマットで1年くらいメールを書いていれば、
自然と、文章の組み立て方が体になじんでくるのではないかと思います。

意外と、文章というのは学校でもまじめに勉強してきておらず、
また、会社となれば、ほとんど、日本人に日本語を教えてくれる人なんて皆無です。

なので、メールでの文章なんてもうめちゃくちゃ。
たいてい、多くの方のメールの最後の方にいいたいことがあります。

さらに、困るのが、報告と称して単に、過去の内容を引用されてくるメールで、

下記のような内容となっております。
>先日・・・・
>>この間・・・
>>>以下の件ですが・・・・
>>>>前回の修正で・・・
>>>>>ミーティングの内容の・・・・

ってな感じ。
おいおい、結局、オフラインのミーティングの内容を記さず、
それに対して話をされても、皆目検討もつかない物語が進行している状態が多々。
さらに、上から下へと過去に向かって話が進行していくので、ついていけません。

それに、報告って・・・
今までのメールに
「下記のような内容となっております。」
しか、追加されていないぞーー。

さらに、極めつけが、
メールの冒頭に、
「間違いがあった場合にはご指摘ください」
って但し書き。

内容を知りたいから、報告をしてくれって頼んでいるのに、
間違いがあるかも知れません。
って、俺は内容も知らないのに、指摘できる分けないだろ。
っていうか、間違いがあるかもっておもっているなら、
それを修正して、もう一度提出してくれーーーー!!

でもって、最後の必殺技。
「さっき、メールしましたけど!」
っていう台詞。
ここまでくると、私も心が折れてしまいます。

まあ、今や、上から下へは
「下記の件ですが、対応してください。」
ですから、
下から上への報告は
「下記のような内容となっております。」
でも、あまり文句もいえないのかもしれませんが・・・

私も入社したてなんて同様だったのですが・・・
そう思うと、あー、あの大企業さん。ありがとうございます。
入社して数週間は自分の日報だけで仕事が終わりました。
(日報の中身が、昨日の日報の修正で終了なんていう屈辱的な日報も書きましたし・・・)

日報を毎日毎日、3年間もルールで書かせてもらったので、
いざ、1、2年前のメールを見返すと、自分のアホさ加減に嫌気がさすと同時に、
今の内容をみると、当時、いわれていることが皆目検討つかず、
むかつくことばかりでも、当時と今を知っているのでわかることがあるのです。
まあ、父親になり、初めて父親の意味が分かってくるみたいな感覚です。

自由もいいけど、「型」も非常に大切なのですよね・・・

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ