Mail APIを提供するサーバソフトウェアを作っている訳ですが、
IMAPのデータを見るための動きが多少できてきました。

たとえば、
http://server/imap/open
って感じにPOSTパラメータ、もしくはXMLでホスト名やらポート名を指定すれば、接続ができます。
また、ここで接続セッションIDも返るようにしています。

また、フォルダ一覧も
http://server/imap/listFolders/{session_id}
で取得できますし、

メッセージ一覧だって
http://server/imap/listMessages/{session_id}/{folder_id}
みたいにすればXMLでメッセージの一覧も取得できます。

また、今回はBodyStructureにも対応しており、
上のメッセージ一覧の取得の時には、BodyPartの一覧も返します。
ここから、メッセージ全体ではなく、1つ1つのパート毎も取得できます。
http://server/imap/messageBody/{session_id}/{folder_id}/{message_id}/{part_section}
みたいな感じです。

できるだけ、Yahoo Mail APIと同じような単位でデータを取得できるようにと考えています。

初めは、これでWEB MAIL( RIA MAIL )を作るためのAPIサーバという位置づけしかなかったのですが、
curlを使ってコマンドラインでのテストをしながらやっていたら、
バッチでメールボックスをチェックするツールなんかも簡単に作れるなと思い始めました。
たとえば、あるメールボックスのフォルダにある添付ファイルを自動的に抜き出すとか・・・

まあ、とりあえずはそこまで広げませんが・・・・

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ