Metoro版IE10においてプラグインが使えないという方向が出された。
まあ、限定的ながら強制的に変化を与える側にマイクロソフトという企業も回ることになったということだ。

さて、これでブラウザ上で動くアプリは自ずと、HTML5に移行していくことになる。
ますます、Flashという環境が魅力的ではなくなるのだろうか?

ここがよくわからない。
確実に、Metoro版であっても、iPadであってもFlashが動かないのであれば、
FlashでなくてもできることはできることはHTML5でやったほうがいいのは当たり前だ。
従って、Flashというブラウザで動くものは今後少なくなっていくだろう。

一方、このような状況になりHTML5アプリが俄然力を得てきているか?といえば、
これが不思議で、HTML5はまだまだ、本格的には立ち上がりそうにはない。
そして、また、ブラウザが混迷期になってしまった。
しかも、速い速度でバージョンアップを繰り返している。
HTML5アプリは、どのブラウザでも動くという状況は今は少なくともない。

また、ブラウザの制限を受けることなく、より特徴なり、強みを出そうとするとアプリになる。
たとえ、ブラウザで現在はできても今後はわからない。
だったら、アプリにブラウザを乗せてしまった方が簡単な場合もある。
そして、ローカルでのアプリは少なくなるという方向ではなく、
よりローカルでのアプリが必要になるようになってしまった。

そして、HTMLでのブラウザ対応と同様に、
アプリの各OS対応が必要になってきてしまった。

ある意味、将来の本命になるために勇み足でいろいろとすすんでしまい、
現在は本命といわれるようなものがなくなってしまった。

そして、AIRという位置づけはどうなるのだ。
Flashがブラウザ間の依存からの解放の役割をになっているように、
AIRはOS間の依存を解放する方向に動いていた。

しかし、AIRもバージョン3になり、
OSの依存度が高くなるようにnative extensionという形で公開される。
さて、FlashがHTML5に置き換わることにより、ActionScript3という言語が魅力がなくなるのか、
それとも、AIRによってまた別の形として魅力を取り戻すのか?

少なくとも、今は汎用マルチスクリーン構築プラットフォームとしては、
AIRにおよぶものはないと思う。
ただ、ここにもHTML5からのネイティブアプリへの変換というものもある。
AIRで部分的にネイティブなら、全部ネイティブでいいのでは?という考えもある。

個人的には、異なる特徴のものは異なる言語で作られていた方が、
ある意味、境界線が引きやすくわかりやすい。
ただ、すべてHTMLとJavaScriptで作り込みたいという人もいてもおかしくはないだろう。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2011年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ