Javaで、もっと細かくいえばNettyを使ってPort転送のプログラムを作っています。
Port転送でもローカルフォワードです。

つまり、どういうものかといえば、
telnet localhost 30965
みたいにすると、指定のホストの指定のポートに転送するというものです。

nettyの便利なところにSSLでトンネルさせる機能も簡単に作れるので、
意外にも使いやすくなってしまったので、これ単体でも使えるようにすることにしました。

これで、いつもどうやってやるのか忘れてしまう、
XXX over SSLのプロトコルにも簡単にアクセスできるようになります。
これをどうやって、動かそうか悩み中ですが、まずは、appletとして動かせるか試してみようと思います。

ちなみに、これを使って私のairxmailのようなライブラリもAIRの制約を受けずに、
実行できるようにしたいと思います。

具体的な流れとしては、httpのGETを使って転送するホストとポートを指定して、
転送用のローカルポートを自動的に作成し、待ち受けます。
次に、それをXMLの出力としてそのまま、httpのレスポンスとして返すので、
そこで、ポート番号を読み取り、
指定されたローカルポートに接続すれば、
転送されて任意のホストとソケット通信が可能になるという訳です。

これで、flashのcrossdomain.xmlの制約をコントロールできるようになるのかなと思っています。
(が、実際私は、crossdomain.xmlをよく知らないので、これを勉強する必要がありますが・・・)

と、だいたいの所までできているのですが、
パッケージングとAppletとしての配布のところで止まっています。
久しくやっていないので、忘れてしまいました。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2011年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ