ある海外の会社が私のairxmailのライブラリとGraviyMailを気に入ってもらい、
これらのライブラリやツールを使って、製品開発をしたい。という相談を受けた。

私としてもまず、そういう環境の中で話をすることは嫌いではないので、
非常にボランティアレベルになってしまうが、それでもよければ協力をするという話をした。
それに、相手側からは私が苦手な英語部分や、さらに、他の言語の部分でも協力や、相談に乗ってくれると言ってもらえた。
しかも、中国語も範囲内だ。というのです。
いやー、多言語、他国マーケットが当たり前の人たちの、常識はちがうなーと感じました。
このあたりの感覚を見せられると、こりゃかなわないなーと思ってしまいます。

しかし、なんと時差が12時間。
こちらは、深夜に返事を返しても、向こうはビジネスアワーなのです。
がんばって、英語で文章を1時間かけて書いても、向こうはものの数分で返事が返ってきます。

いやー、眠さとの戦いが始まります。

でも、アメリカなどはいろいろと情報が入ってくるし、現地がどのような状況かも多少はわかるのですが、
それ以外の国だと、正直まったく実感も、想像もできません。

それで、昨今の日本の電力事情を話したら、あっさり、「こっちもそうだよ」と言われて、
確かにそのあたりで検索してみると、電力事情で悩んでいるのは、日本だけではないのだなと実感できます。
感覚の違いという部分での話(メール)などもするようになり、

また、英語(アメリカ)だけを見ていた感覚とはより違う感覚になったと思います。
そういう意味では、眠さとの戦いも、意味があると思えます。

ただ、最近は本当に時間がたりないーー。
もうすぐ、子供も夏休みになり、早く寝かそうとアクティブにつきあうと、
こっちも疲れで寝てしまい・・・パパ業務も忙しい・・・

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ