EclipseといってもEclipse RCPのようなRIAアプリケーションを作る人に関係がしてくるのだが、
http://wiki.eclipse.org/Eclipse4を見ると、

気になった点が2つ。

1) CSS Styling
以前(いつだっただろうか?Ver3.0くらいだったかな?忘れた・・・)、
私がEclipse RCPを使ってサービスを作って一番はまったのが、
ウィンドウの背景色を変えるということだった。そして、挫折してしまった(あきらめたという意味です)。
そして、もっとも機能別で言えば工数をつかったのがここなのです・・・
が、結果、まったく成果なしのまま・・・
どこで変更すればいいのかわからない。

Windowsのテーマを変えるとそれと連動してしまう・・・
ふつう、これでいいのかもしれませんが・・・・
まあ、とりあえずはそれであきらめてもらいました。
でも、HTMLのような感じをイメージしていたらしく、サボっていたとおもったでしょう。
これだけで1週間程度は使いましたから。

反対にウィンドウのドラッグ&ドロップ、ウィンドウのドッキングとかが1日もかからず、
できるのを見て多少混乱していたようです。
だって何もしないとできてしまうんですから・・・
このあたりが、強力なフレームワークを使ってしまうと期限が読めないのでつらいです

2 ) Workbenchが Application platformにない。
当時の図があるわけでもないし、こちらも記憶が定かではないのですが、
Workbenchを使わない = JFace になってしまったような。
JFaceだと、あまりにもいろいろと作り込まなければいけないし、Workbenchを使うと今度は利用者が自由にできすぎるし・・・
と悩んだあげく、結局、Workbench上にアプリケーションを作り込んでしまいました。

んー、ここまでできてくると、Eclipse RCPを離れてAIRにきたわけですが、
ちょっと、Eclipse RCPにもまた、浮気心が出てしまいます。
Eclipse にすれば、内部でnettyを動かすのも、JavaMailもいろいろ楽だし・・・・
OSGiで動いているわけだから、Moduleとして外部からライブラリをロードすることも楽だし・・・

UIの完成度が高いAIR/Flexをとるか、プロセスの作り込みが楽なEclipse RCP/Javaをとるか・・・・
でも、1 ) のようにUIの苦しみは私にとって出口が見えない問題になるので・・・・
やっぱり、基本はAIRかな。でも、Creativeな人向けのツールはAIRではやっぱり無理でしょう。
そうなると、Eclipseになるのかもしれませんが、もはや、その需要は私のところにはこないでしょうから。
(求められる完成度も高すぎて、とても通常ペイするとも思えませんし。)

でも、Flexしかり、HTML/JQueryしかり、私は使ったことがないのですがちょっと見た限りではSilverlightもしかり、そして、Eclipseもしかり、
デザイン&UI部分のプログラミングはかなり似通ってきているなーと感じるのは私だけでしょうか・・・・

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2011年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ