私のブログにはgoogle adsense がある。
これで儲けたい!
なんて、思わない。
多少興味はあったが、はっきり言ってまったくあてにならない。
生きているうちに振り込まれる最低金額に到達するのだろうか?
という具合に思ったほどもあるぐらいだ。
しかし、どうやら死ぬまでには銀行口座の金利分くらいは手に入るかもしれない。
(ただ、外貨の金利には残念ながらかないそうにない。)

それでもなぜ、広告を表示しているかといえば、実は自分の書いてある内容自体が自分にとっての検索情報だったりする。

なかなか抽象的であいまいな情報を検索するには、検索キーワードという概念はなじまない。
だったら、探したい情報を引っ張りだすよりは、広告の表示能力に頼る。

だいたい、個人のブログにとって必ず見るのは、その人や、その人と直接的に知り合いの人である。
つまり、広告は第三者にとっての広告よりも、書いている人とその周り向けの広告だったりする。

賢いサイト運用者は、検索キーワードだけで広告を出すだけでなく、
AdSenseのような仕組みでも自社の広告が効率よく表示されるように努力しているはずである。

だったら、自分のブログに出てきている広告は、
自分が知りたい情報の手がかりになるはずだ。

つまり、自分が調べるすべを知らないから見つからない情報をいかに見つけるか?
その情報を見つける為にブログに広告を貼っている訳である。

市場ニーズがあれば、どこかしらの会社がサービスを開始しているはずである。
自分やりたい事が、すでに他社でやっていればそこには、自分でやるための手がかりがわかるはずである。
そのためには、同じ内容を表現や分野を変えて書く必要がある。
(これは結構めんどくさい。途中で投げ出すこともあるが・・・)

ここで、やっと自分にとって、検索キーワードが構築できた。という事である。

あー、やっと、検索して必要な情報を集めようと・・・・・

さて、この内容にはどのような広告が表示されるのだろうか?

ただ、もうちょっとこの手法で角度が高い情報があつめられないか?検討中である。
もうひとつ、やっかいなのが広告が物理的なロケーションを意識している。
これは私にとっては、実はやってほしくはないが・・・・

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2011年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ