今回は、Opera Mobileというブラウザを導入してみました。
というのも、WiFiじゃないときになるべくWEBのアクセスを軽くしたいなと思っていたからです。

要は、URL Filterをかけて広告などの画像やアクセスはしないようにしてしまえ!という事です。
これで見たくない画像の為に、時間もお金も節約できるという訳です。

このあたりは、最初から入っているブラウザじゃできないと思います。(たぶん。)

それ以外に、Opera Mobileはいろいろな設定ができるようでMobileではよいかもしれません。
ちなみに、OperaはAndroidマーケットから探してインストールしてください。

で、インストールしてブラウザを立ち上げて、URLに
opera:config
と入力すると、

のような画面が表示され、メニューから設定できる以上にいろいろな事が可能です。

それで、Network という項目を探してクリックすると以下のような画面が見れます。
ここで、URL Filter Fileという箇所で、あらかじめ作成しておいたファイルを設定します。

ちなみにどのような設定記述ができるかと言えば、
http://dev.opera-wiki.com/URL_Filter_List/ja
のような感じです。

これだけだと、最初はよくわからなかったのですが、以下のようにしていけばよいようです。

[include]
*
[exclude]
http://*.ad.*
http://*.ads.*
http://*.ads2.*
http://*.adv.*

あとは、[exclude]にサンプルにあるようなURLを付け加えていけばOKです。

これで保存を押して、再起動すれば問題無いと思います。
それほど大変ではないのですが、最初はよくわからなったので、同様によくわからない方はPC版でもあまりかわらないようなので、
PC版で設定した後に、そのファイルをコピーしていけば大丈夫だと思います。

また、これとは直接関係がないのですが、ここで「選択」というボタンで、

のように、Androidのディレクトリ構成やらファイル構成が見えたりします。
ちょっと中身がどんなかんじか見てみたいな-という程度で、SDKを入れずとも簡単に見えるのは副産物としておもしろそうだなとも思いました。

あとは、Proxyなども設定できるようなので、WiFi接続でProxyでの接続が必要になってしまう場合には使えるのかもしれません。(といっても私は使っていないので、わかりませんが・・・)

通常のブラウザはそのまま残したままでこのような対応ができるので、第2のブラウザとしてインストールしておくのもよいかもしれません。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ