AdobeのAIRもAndroidに対応していきそうですし、ちょっと前知識でもつけておこうかなと思い始めました。

といっても、まだソースも書いていませんし、サンプルコードも見ていません。
単に、Androidの仕組みというか、関連情報を見ているだけです。
あとは、アプリのカタログ。
これを見れば何ができるか雰囲気がわかります。

AndroidのアプリのコードはたいていJavaで書かれていますが、
JNIというネイティブとの連携についてちょこちょこと書かれていたりするんですが、
そこで、改めて思ったことが、AndroidはLinuxなんだ。と。
そして、その領域まで触ってよいのだということ。

そう思うと、ちょっと、AndroidアプリをAIRで作ってしまうのはちょっともったいない気もしてきました。

だから、Linux上での蓄積されたライブラリなんかもつかえるのかと。
JNIは2000年くらいにやったなー。Javaでライブラリがない、もしくは使い方がわからないと、
JNIで作ってしまう人がいて、それを見ていたものです。

今更ながら、「あー、別にPure Javaでなくて、JavaとCをくっつけてやってもいいな」と思い始めました。
そうすれば、かなりいろいろな制約に悩まされずにいろいろなことができそうです。

ただ、AIRも、Java(別にCでもいいが・・・)とくっつける方法があるとよいと思います。

あとは、Androidのちょっと面白いプロセス(アプリ?)管理。
終了とは必ずしも、プロセルの終了とは言えず、開始とはかならずしも、プロセスの開始とは言えずと。
電池とメモリを考慮するとこうなるのかと。

だから、強制的にアプリを完全に落とすなんているアプリがノウハウとしてあるのだと。
だから、JNIでライブラリをロードする処理に気をつけなければならないのかと。

まあ、携帯電話上のWEBアプリもどきではなく、電話アプリも作れるので確かに面白そうです。
メールもSMSをトリガーとしてPUSHイベントの通知みたのがあるようで・・・・

このSMSトリガー。ほかにもいろいろなところで使えそうです。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ