システム負荷のアプリケーション編について記述しようと思ったが、
その前にMS-Officeでちょっとというか「これでいいのか?」ということに気づいたのと、
2007以降ではキチン(?)と考えられているので記述することにしました。

知っている人は知っているかもしれないのですが、私はVBAなどを使わないので興味も持たなかった領域なので、
見てみる気も起きなかったのですが、
MS-OfficeもOOXというフォーマット形式(つまり、XMLをZIP化したもの)をサポートするようになり、
そのためのAS3(For AIR)で解読するものを作っていました。

OOXはXMLデータ、つまりテキストデータですから容易にいろいろな情報を読むことができます。
試しに今まであったドキュメント(2003以前)を変換して見てみる事に。

するとあるはあるは、「個人情報」。
しかし、これらは別に文章内にあるわけではありません。

これらは、ドキュメントがいろいろなプロパティで保持している情報です。
従って、通常の編集画面からは見えません。
(VBAなどを使えば、今までも見えたのだと思いますが、どこまで見えるかは私はよくわかりません。)

たとえば、ほかの会社のドキュメントがよくできているので、これをコピーして再編集して使い回している。
もしくはほかの人のドキュメントでもいいです。

など多くの人がやっている事だと思います。
しかし、これを単純にやっていると、最初に作成した人と会社の情報を知らないうちに配布していることになるかもしれません。
その他、コメントなどがついているものも危険です。

あーあの人って、XXXって会社にいたのか・・・とか、
XXXって会社のAさんととYYYって会社のBさんって知り合いなんだ・・・とか。
あえて、Officeのドキュメントを配布してお客さんやら、関係者にコメントなどを記述してもらうように運用すれば、
関係者一覧が作れるかもしれません。

しかし、厳密には個人情報の流出なのですが、「個人情報流出」の事故になるのか?は微妙です。
(その時点では気づけなかった予測不可能な事故?それとも、キチンと対策ができていない個人情報流出?)

しかし、気づいた以上は気をつけた方がいいでしょう。
知らないうちに加害者になっていることは非常に怖いですから。

といっても、これがOffice2003以前にはどうやって消すのか方法が見当たりません。
(だから、VBAなどの本をみるとコメントを一括で削除するためのVBAなどがTIPSに載っているのかもしれません。)

ただ、Office2007では、左上のメニュー(なんて言うのでしょうこれ?Officeのロゴのメニューです。)に、
キチンと
「配布準備」
というメニューがあり、これらの事が考慮されているのです。

ms-pub

こんなの気がつけませんよ!
と言いたくなりましたが、今や、私以外の人たちは知っていることなのでしょうか?

いやーMSさんにはやられました。
リボンメニューは嫌いだ!という意見に、「セキュリティはいいのですか?」という売り文句も聞こえそうな気もしてきますが、
考えすぎでしょうか?

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ