実はこの間、ある会社の経営者とHTML5についてお話をしました。
そこで、HTML5についてずいぶん違った認識をもっているのだなーと。

HTML5をFlashと比べる方が多いので、どうやら、アニメーション機能をもっていると思っている方が多いようです。
残念ながらHTML5は、アニメーション機能は持っていません。
HTML5 + JS でアニメーションを作れるという事です。

また、基本的にはFlashでできない表現が、HTML5でできるようになったかと言えば、そうでもありません。
と、このように伝えると、なんだかHTML5に対する大きな期待がなくなってしまったようです。

じゃ、なぜこれほどHTML5が騒がれているのでしょうか?
というよりも、騒ぐ必要があるから騒いでいるという側面があるのではないでしょうか?

まず、Flashですが、Flashは長い間、ずーとクローズドでやってきました。
すると、昨今のオープンの波の為もあり、HTML + JavaScriptである部分、代替する人がちらほらと出始めました。

なーんだ、限定した使い方ならFlashじゃなくても、HTML + JSでいけるじゃん。
それに、チープな動きからだんたんとオープンのまま、進展してきたこともあり、オープンの波は大きくなります。

現在はおおよそはいけるんじゃないの?ってところまではきたと思います。
まあ、これはアニメーション型サイトから、コミュニケーション型サイトへ移ってきたことも、影響が大きいでしょう。
昔みたいに派手でこっていたアニメーションが嫌われることになったし、芸術的なサイトよりも、
機能的なサイトの方が価値が出始めてきました。

ただし、後一歩のところで、いろいろな意味でFlashに追いつかないのです。
それは細かい動きの部分もありますし、IEだとひたすら遅いとか・・・・

ここで、HTML5になればどうなるでしょうか?

まず、ブラウザが新しくなります。
当たり前ですが、これがブラウザを作っている方達からのHTML5を進める利点です。
これで細かい表現の違いによる影響が今よりは改善されるはずです。
ここで、IEの牙城を崩せればと思うはずです。

さらにブラウザを新しくするにはOSが新しくなります。(なりやすい)
大多数の方はブラウザだけをインストールなんてしません。
初めから入っているブラウザを使います。

そしてOSが新しくなれば、ハードが新しくなります。(同様になりやすい)
こちらも、OSだけの再インストールもしません。
最近ではOSのインストールもしたことがない、技術者だった当たり前にいるくらいですから・・・
つまり、速度は速くなります。
これで、速度面も解決していきます。

これだけでしょうか?
実は大きなのはコミュニティではないでしょうか?
なんか、LinuxとSolarisにちょっとにている気がします。

Linuxが不完全でチープで小さいうちにオープンに広まったからこそ、
その内部を知っている人が多く出てきました。
一方、Solarisは今でもLinuxよりもOSとしては完成されているのかもしれませんが、
今更オープンにしても、なかなか中身を見るには大きすぎるのです。
つまり、変化に勢いを感じることができないのです。

要するに、人の世代交換が、物の世代交換になったという事で、
物自体の価値というのはそれほど大きくはないのではないでしょうか?

ということで、HTML5が部分的にはFlashに変わっていくことはやむを得ない気がします。

しかし、一方で不安があります。
それは、プログラムがわからないデザイナがHTML5向けに使えるエディタが世の中に出てくるのか?
Adobeが自らのFlashをいらないと言わせるほどの、Dreamweaverを作るのか・・・とか。

あとは今まで、プログラムのソースを完全に自動で出力するツールが世の中で普及した事実を私は知りません。
それは、機能を作るのがプログラムであったから普及することが過去なかっただけなのか、それとも実用に耐えうるものができないからなのかは、
私には今のところはわかりません。

それと、もう一つ。
今でも、Ajaxのサイトは増えています。今はHTMLアプリはここが危険だ。とさんざん苦労して来た人たちがまだまだ作っています。
しかし、今から作るエンジニアをたくさん増えているのでしょうが、
それと同時に「危険だな-」という作りを平気でしてきます。
つまり、ちょっと詳しくなれば、「あー、これは簡単に攻撃ができるな」というサイトもたくさん出てくることでしょう。
かつて、CGIは難しいという時代に、PHPという言語は簡単なために急速に広まっていきましたが、一方で危険な言語の烙印も押されてしまいました。
そのおかげで、PHPという言語はバージョンが上がる毎にどんどん難しくなっています。
それはPHPという言語が危険というより、それを使う人のスキルが危険ということで、
それでも安全なようにと便利な機能がだんだんとなくなっていったのです。
(よい言い方をすれば、エンタープライズ向けになったという事です。)

そうすると、HTML5 + JSのサイトは危険な可能性があり、もっとセキュリティを考慮した物じゃないとだめだ-と声を上げる人も出てくるでしょう。
そしたら、FlashのPlayerにセキュリティホールがあろうと、Flashのほうがまだましだとなるかもしれません。
(Flash PlayerのセキュリティホールはAdobeさんが直しますが、自社で作ったJSのセキュリティホールは誰も直してくれませんから・・・)

ただし、どちらにしても言えることが、「必要以上に難しくなった」という気がします。
見た目のデザインと動きのデザインと、処理ロジックの3つの能力が必要になってきてしまったのですから・・・

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2010年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ