多少AIRにも限界を感じてきたところで、JavaとFlashのブリッジを考えながらサーバを作ってきた。

せっかくだから、AIRとJavaではなく、やはり(ブラウザ上の)Flashも対象にしたいとおもっていたので、
XMLSocketで通信をしていて、だいぶ形になってきた。

また、Java側は結局OSGiを使うことでだいぶ柔軟な感じにできるようになってきた。
たとえば、今、ローカルのFileSystemにアクセスするモジュールを作りながら確認をしているが、
OSGiならばそのモジュールを動的に追加することも、削除することも可能だ。

だから、極端な話Coreな部分だけ初めにローカルにインストールしてあれば、
後は、更新、追加は動的にそれなりに簡単にできる。
要するにブラウザからモジュールの追加、更新ができるわけだ。
(まあ、それがいいかわからないが・・・・)

それなりに強力な事ができてしまうと、それを抑制するほうも考えなければいけない。
というわけで、それをコントロールする機能もOSGiのモジュールとして作ろうと思う。

どんな感じがセキュリティ上いいのかなと思っていたが、
まずは、接続を試みてきたら、POPUPで接続の許可を求めてくる感じでいいだろう。

1クライアントにつき、基本的には1接続だからそんなに面倒ではないはずだ。

AIRの配布が署名なんかも含めて面倒な感じもするので、ブラウザベースでGUIはWEBで配信し、
処理の実装はJavaでローカルで動くってのも、また、おもしろいRIAの形ではないだろうか?

と個人的にはおもっているのだが、どうであろうか?
データがローカルからしかアクセスできないような制限のある業務においても、
RIAを適用できるようになるとおもう。

あとは、よーくWEBのグループウェアを使っている人から出てくるクレーム(文句)で、
ブラウザの外にメールがきたことを通知できないとか・・・
技術的には当たり前と言えば当たり前なのだが、これが業務をやっている人には結構なストレスらしい。
(まあ、今やメールも電話と同様に、きたらすぐに対応しなければいけなくなってきていますからね・・・・)

しかし、こちらも、
serene
こんな感じにOS側に通知だってかのうだから、タスクトレイに表示することだって可能だし・・・・

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2010年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ