flex4のsparkコンポーネントの理解がまだまだなので、メモ。

どうやら、sparkにおいてContainerの基本は、
s:Group

s:DataGroup
のようだ。

sparkになって画面表示に関していえば、ContainerとLayoutが分けられた。
(もちろん、利便性のために一緒になっているものもあるが・・・)

Groupはようは、可視コンポーネントを何でも入れてよくて、今までのHBoxや、VBoxのような感じ。

しかし、DataGroupは便利な気がする。
以前のmx:DataGridのように、itemRendererとdataProviderのプロパティを持つ。

従って、dataProviderを使ってデータを提供できる。
そして、そのデータを使ってitemRendererで可視コンポーネントを表示できる。
あとは、ContainerとLayoutが分かれたメリットで、どうそれらを配置していくかを決めていける。

したがって、同じようなデータと部品を規則正しく配置していくのには便利。
たとえば、これを使えばカレンダーコンポーネントみたい物もそれほど難しく作れるだろう。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ