今まで、リビジョンで管理していましたが、ある程度こなれてきたとも思うので、バージョン 0.5としました。
どうしてVersion 1 ではないかといえば、せっかくなので、Flex4 & AIR2.0 でVersion 1.0 にしようと思っています。

ちなみに、前回のRevision44からの主な変更点(バグ修正)では、

1)長いサブジェクトの場合におかしなサブジェクトになっていた。
2)本文の最後に.(ドット)がついてしまっていた。

を修正しました。
ダウンロードは

http://code.google.com/p/airxmail/downloads/list
からどうぞ。、

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

15 Responses to “air: airxmailのバージョンをVersion 0.5としました。”

  • Pome says:

    初めまして。
    airxmailを使わせて頂いております。
    で、どうしてもうまくいかない箇所があります。

    gmailで添付ファイルの送信はできるのでしょうか?
    通常のtextのみであれば正常に送信できるのですが
    画像ファイルを添付するとメールサーバとの通信が切断されてしまうようです。

    社内にメールサーバを立てて試したところ、このメールサーバからは添付ファイルを
    送信することは可能でした。

    何かお気づきの点がありましたらご指摘頂ければと思います。

  • coltware says:

    情報、ありがとうございます。

    本当ですか?
    ちなみに、airxmailからのSMTPを使用した送信ですよね
    (airxmailでPOP3を使っての受信ではないですよね)。

    確認してみます。

    特に、添付ファイルがあっても、通信まで影響があるような実装もしていないはずなので、
    すぐに思い当たる節がないので、少々時間をください。

    よろしくお願いします。

  • Pome says:

    >ちなみに、airxmailからのSMTPを使用した送信ですよね
    >(airxmailでPOP3を使っての受信ではないですよね)。

    はい。SMTPを使用した送信になります。

    お手数お掛けしてすいません。

  • coltware says:

    確かに、確認しました。

    なんか、as3cryptoが
    「GOT ALERT! type=20」
    というエラーをはき出して、サーバから切断されているような感じのログを出力していますね。

    実際に切断されているのか、それともこちらのas3cryptoのTLSSocketが切断されてしまったと誤認識しているのかもわかりません。

    とりあえず、こちらかが記述しているBase64のデータが間違っていないことを確認してみますが、
    結構時間がかかりそうです。

    すいません。

  • coltware says:

    んーわかりません。

    添付ファイルをつけたら「すべてだめ」という訳でもないようです。
    (まあ、理屈では添付といえども、ネットワークレベルではテキストと何も変わらないので、当たり前と言えば、当たり前かもしれませんが・・・・)

    2つの形式(jpeg, docx)を試してみました。

    共に、サイズを大きくしたり、小さくしたりしてみたところ、
    なんか、20KByteぐらいが境界でOKだったり、NGだったりとなってしまっています。

  • Pome says:

    ご確認ありがとうございます。
    やっぱり切断されてしまいますよね…。

    >共に、サイズを大きくしたり、小さくしたりしてみたところ、
    >なんか、20KByteぐらいが境界でOKだったり、NGだったりとなってしまっています。

    なるほど。20Kぐらいが境界だったんですね。私の方でも色々試してみたいと思います。
    添付が全てダメとかだと分かりやすいのですが、
    サイズによって変わるとなると根が深そうですね。

  • coltware says:

    今、AIR2のSecureSocketを試してみましたが、これを使うと問題無く送れるケースもあるようです。

    具体的には、
    sender.setParameter(SMTPSender.SOCKET_OBJECT,new SecureSocket());
    のように、ソケットオブジェクトを変える事ができます。

    ただし、なぜかこちらの場合には、接続すらうまくいかないケースもあります。
    なぜ、接続がうまくいかないかもよくわかりません。

    が、接続がうまくいくと、760K程度のjpeg(具体的にはWindows7についてきたペンギンの画像)を送ってみましたが、送れました。

    んー、どちらにしてもなんか安定しませんね。

  • Pome says:

    お久しぶりです。
    私の方で調査してた所、今までの話とは違うかも知れませんが
    添付をした所、正常に動作できなかったのでご報告致します。

    MimeImagePartを使用して画像添付をしたのですが
    その際、送信されているバイナリデータの中にLFが含まれているようです。
    qmailに対し画像添付し、切断されていたので何故かなぁと思い調べていたら発見しました。

    もしかしたらLFのせいでgmailの添付もダメなのかも?と思いコメントしました。

    的外れな可能性もありますが、ご確認お願い致します。

  • coltware says:

    報告ありがとうございます。
    また、いろいろと試していただき本当にうれしく思います。

    こちらでも確認してみます。
    ちなみに、画像の種類は関係ありますでしょうか?

  • coltware says:

    Pomeさん

    LFが含まれていることを確認しました。
    Base64しているところで、CRLFではなく、LFが改行コードになっているようでした。

    mx.utils.Base64Encoder.newLine
    というstatic変数でLFを指定していました。
    この変数がintなので多少面倒ですが、修正してみます。

    ありがとうございました。

  • Pome says:

    早速のご確認ありがとうございます。

    ちなみに私の方で確認した画像の拡張子は
    jpeg、jpg、png、gifになります。

    お手数お掛けしますが、宜しくお願い致します。

  • coltware says:

    情報ありがとうございます。

    LFの問題を修正しました。
    http://code.google.com/p/airxmail/downloads/
    のrev:53がswcになります。

    しかしながら、gmailへの送信は私の方ではだめでした。

    また、AIR2(SecureSocketを利用)にしたら現在のところ、問題はないように見えます。
    もしかしたら、AIR2の環境以外でswcにしたものを使っていたからかもしれませんが・・・

    AIR2でのswcも今日・明日ぐらいでuploadしようとおもいます。

    あと、新しいSenderを追加しました。
    var sender:IMailSender = new DirSender();
    (正解にはcom.coltware.airxmail.MailSender.DirSender です。)
    とすれば、File.userDirectoryの下にairxmailというディレクトリを作成し、
    その下にファイルで書き出します。
    (ディレクトリは指定できますが、キチンと動きも確認していないのでもし動きを変えたい場合には部分は今はソースを見てください。)

    実際にどのようなコードが書かれているかを見てみるのに、よいかと思います。
    (というか、こういう物を作って確認していないからLFとかのちょんぼをしてしまうのでが・・なまけものですいません。)

  • Pome says:

    早速のご対応ありがとうございます。

    私の方でqmailのSMTPサーバに対し、添付ファイルの送信をしたところ
    正常動作致しました。

    また新しいsenderの追加ありがとうございます。
    色々参考にさせて頂きます。

  • coltware says:

    いえいえ、こちらこそ確認してもらえるのは非常に助かることです。

    ちなみに、AIR2で作成したswcも追加しておきました。

    ただ、こちらでSecureSocketを使って接続するとなぜか、接続に失敗するときがあります。
    (EMobile環境だと接続に失敗しないのですが、なぜか家の光だと失敗するのですが・・・・)

    接続に成功すれば、現在のところAS3Cryptoのように途中で失敗するという現象は今のところ発生していません。

    余談ですが、実は、JavaとFlash(AMF)でのブリッジサーバを作って、
    それを介してメールを送ろうかなとか考えています。

    これだと、AIRでなくても通常のブラウザ上のFlashでもローカルPCを通じてメールが送れるはずですので・・・

  • coltware says:

    やっと、gmailにも多少まともに送れるようになりました。
    詳しくは
    http://www.coltware.com/2010/08/06/airxmail-bugfix-and-enhancement/
    を見てください。

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ