Archive for 2010/3/16

たとえば、テキストエリア(TextArea)などを入力しているときに、今から入力しようとする文字の候補などを表示したい場合があるのではないだろうか?
コードを書いていれば、よく使うあれだ。

これをFlexなどのTextAreaでも使いたい。こんな感じだ。
codeHelp

さて、そのためには、現在のキャレットの位置、つまり、文字の何番目という位置情報から、
その位置が、x座標、y座標でどこにあたるのかを求める必要がある。

このためには、TextFieldの

getCharBoundaries(charIndex:int):Rectangle

を使用する。

これを使って、x,y座標を求めて、そこにListのPopupを表示すればOKというわけだ。

ただ、TextAreaなどで使用したい場合には、内部で使っているTextFieldを触るすべがない。
したがって、継承クラスなどを作って、

textField

のプロパティ(getter)としてアクセスすることになる。

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ