Archive for 2010/3/3

AIRのいいところは、標準にあるWindowをカスタマイズできるところです。
しかしながら、なかなか、手を出すのが面倒でやっていなかったのですが、ちょっと試してみました。

作ってみた画面は以下の通りです。
このような画面を作るのに、Javaなどで作るのは非常に面倒なのですが、AIRの場合には慣れてしまえば、HTMLを組んでいるように簡単に作れます。

このような画面も、なれないデザイン込みでまあ、一晩もあればなんとかなるというレベルです。

screen

さて、まず、カスタマイズをするために、いくつかの準備が必要です。

  1. アプリケーションのXMLでsystemChromeをnoneに設定します。
  2. アプリケーションのXMLで同じくtransparentをtrueに設定します。
  3. WindowedApplicaitonのshowFlexChromeをfalseに設定します。

これで、完全にデフォルトのコントロールが外れましたので、後は自分で部品を作っていきそれらを並べればいいというわけです。

でも、このようにカスタマイズすることで、自由に配置できるのはいいのですが、このために以下のようなことは自分で処理を書かなくてはいけません。

  • ウィンドウの最小化・戻す・最大化・閉じる(右はじのボタンたち)
  • ウィンドウの移動
  • ウィンドウのリサイズ

ただ、メソッドを呼ぶだけでこれらの機能が実現できるので、あまり心配はいりません。
ウィンドウの最小化、戻す、最大化、閉じるは、
NativeWindowの

minimize();
restore();
maximize();
close();

で実現できますし、ウィンドウの移動は、startMove() でできますが、もともと、上部のバーを消してしまったので、私はロゴマークか、もしくは、濃い青い部分でmouseDownしたら移動ができるようにしてみました。

<mx :HBox top="10" left="15">
  <mx :Image source="@Embed('assets/logo.png')" mouseDown="nativeWindow.startMove()" useHandCursor="true" />
</mx>

あと、リサイズは小さくて見えずらいのですが、左下に△のしるしを置き、そこでmouseDownしたときにstartResize()が動かせばリサイズができるようになります。

startResize();
お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ