AIRで動くことを前提にライブラリを作成していていると、
AIRのラインタイムバージョンが気になることがある。

このきっかけは、flash.net.Socketのtimeoutプロパティを設定しようとしたが、
Flex Builderではきちんとコードヘルプとしてtimeoutプロパティが表示されるのだが、
いざ、実行しようとするとtimeoutプロパティがないとエラーになる。

「なぜ!」と思ってしまったが、PCを引っ越したためにFlex Builderを新規に入れなおしたが、
ここで、Flex BuilderでのAIRが1.5でなくなってしまった。

このSocketのtimeoutはAIR1.5から使えるのだ。

原因がわかった時点で問題となるソースを修正することはできたが、
そもそも、AIRのバージョンってどうやってとるんだ?

という疑問が生じたので調べてみた。

[AS]
WindowedApplication.nativeApplication.runtimeVersion
[/AS]
で取得できる。
マニュアルはこちら

ちなみに出力結果はこんな感じになる。

1.5.0.7220
お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2010年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ