多少わけあって、git(バージョン管理)を触ることになりました。
決して、仕事で必要なわけではないのですが・・・・

さて、今まで、CVSとSubversionを触ってきて、ことさら不自由は感じていなかったのですが、
いざ、会社という枠組みを外れてコーディングということを考えたときに、確かに集中管理型のバージョン管理ではなく、分散管理型が必要になる理由がよくわかりました。

でも、ほんとに分散管理が必要なひとって少ないんじゃないかな、割合的には。
私も、パッケージ開発やら、ASPサービスやらと、同時に複数のバージョンが動くことがなかったら、バージョン管理っていっても、「タグ」も「ブランチ」も使わないでしょうし。そういう意味で、単発SIなんかは、ほとんどの機能を使わずに済みます。
(それでも、習慣としてつかってしまうのですが・・・)

さらにgitは、コマンドが複雑(というかオプションが多い)ので、覚えられません。

昔、「一太郎」などを買うと、ちっちゃい紙に「コマンド一覧」とかってのがあったけど、あれが必要ですね。

Google CodeがGitではなくMercurialを採用へ

なんてこともあるので、確かに私だけでなくほかの人も複雑だと感じているのだなと。

さて、ここまで「それほどいらない」ということを述べてきましたが、それでも「あー、これは便利だ」という機能がありました。

1)ネットワークにつながっていなくてもバージョン管理が可能。
今の時代、ネットワークにつながっていないなんてと思うかもしれませんが、ノートパソコンを利用していて、従量課金だと思うと常時接続にはしません。
そうすると、自分がどのタスクとどのタスクが終わっていなくて・・・とかコードがまじってしまうので、ひとつひとつ管理ができるのがGood

2)「ワーク」、「ステージ(インデックス)」、「本番」という感じで「コード中」と「本番」の間の状態があって、ここに保存できるのはいいですね。
しかも、git add -p ってやれば、変更中のどの部分をステージにあげるか?ってのができるから、きちんと作った部分とデバッグのためのコードが入り混じっていても、それらを分けることができるのがいい。
これなんかは、「なーるほど」と思わせてくれる機能ですね。

でも、やっぱり、リビジョンが数字じゃないってのはかなり違和感あり。

というか、会話がしづらいし、イメージがつきにくい。

でも、gitはgit-svnというのを使えば、Subversionのリポジトリに対してgitで管理できるのはいいですね。

つまり、中央にSubversionをおき、そのワークとしてgitをつかうってのがいいようなきがしますね。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2009年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ