ArrayCollectionはある条件にしたがって値を絞り込む事ができる。
このとき、オリジナルのデータを削除したりしないので、フィルタを解除したり、条件を変えればまた表示することができる。

したがって、DataGridなどのdataProviderとしてArrayCollectionを使っているときにはとても重宝する機能だろう。

さて、フィルタの設定方法は

[AS]
private function filterSample(item:Object):Boolean{
if(itemデータから表示する場合){
return true;
}
else{
return false;
}
}

private function init():void{
arrayCollection.filter = filterSample;
arrayCollection.refresh();
}

[/AS]

とすればよい。
ただし、使うときや、filterの条件などを変更する場合には、
変更後に、

[AS]
arrayCollection.refresh();
[/AS]

を実行しないといけない。

また、フィルタを使ったときにちょっと気をつけなければいけないのが、データの数(length)だろう。
[AS]
arrayCollection.length
[/AS]
は、フィルタで絞り込まれたデータの数だ。
したがって、この場合のデータ全件は

[AS]
arrayColleciton.source.length
[/AS]
で取得が可能だ。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2009年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ