以下のような書き方はFlexならではなのかなーということで記述。
XML内の記述方法だけを見れば、いろいろ見るけど、それを同じソース内で利用するのあまり知らないので、
なるほどと思う方もいるかもしれない。(私は思った。)

フォームなどの画面から入力されたデータを1つの変数にまとめるのに、XMLを利用できる。

<mx:Model id="user">
  <user>
  	<name>{f_name.text}</name>
  	<age>{f_age.text}</age>
  	<pref>{f_pref.text}</pref>
  </user>
</mx:Model>

<mx:TextInput id="f_name" />

のようにXML中に{f_name.text}のように変数をバインディングしておき、
それをXMLのオブジェクト1つとして扱う。

1つのまとめておけば、Validatorなども作りやすくなるだろうし、
また、このようにXMLでワンクッション置いていると、入力方法の変更もしやすくなるだろう。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2009年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ