自作したイベントをFlex Builderで開発しているときにコードアシスト(設定できる対象がでてくるやつ)できるようにしたい場合のメモ。

event_code

こんな感じに、設定できるイベントの一覧が出てくれば、楽になる。
そのためには、メタデータタグを書く必要がある。

たとえば、こんな感じ。

[AS]
[Event(name=”smtpConnectionFailed”,type=”com.coltware.fxmail.smtp.SMTPEvent”)]
public class SMTPClient extends SocketJobSync
{
// 途中省略
}
[/AS]

ってな具合に記述すれば、コードアシストがきくようになります。
でも、ここで注意!!

name=”smtpConnectionFailed”
の部分を SMTP_CONNECTION_FAILED に変換します。

したがって、実際の変数名もそのようにしなければいけないというわけです。
じゃないと、せっかくコードアシストしても、その結果がコンパイルエラーになってしまうというわけです。
この記事を書いていて初めて気がつきました。
あれ!?、図で出てるアシスト部分と正常な記述が違う!?って。
この辺り、どこかマニュアルに書いてあるのかも知れませんが、私には見つかりませんでした。

でもって、asdocに記述されるようにするには、
[AS]
/**
* SMTPレベルで接続ができなかったときのイベント.
*
* メモ:Socketベースではありません。HELOもしくはEHLOを投げてエラーとなったときに発行されます
* ただし、EHLOでESMTPをサポートしていないエラーはここに含まれません。
*
* @eventType com.coltware.fxmail.smtp.SMTPEvent.SMTP_CONNECTION_FAILED
*/
[/AS]

ってな具合に、@eventTypeを記述すればOKだ。
しかし、メタタグのところでイベントの文字列を、asdocのところで変数名をと、
結構、コード部分以外にも意味が入ってしまうので、いろいろなところで整合性をきちんと持たせようと思うと、結構つらい部分がある。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ