今回はFlexとか関係なくちょっとメールについてのお話です。

Postfixとなっていますが、基本的なネタはPostfixとは関係がありませんし、電子メールを知らない人には「へー」そんなふうにしてメルマガとかっておくられているんだー。ということを知っていただければと思います。

ただ、私はそんな手法に1つに名前がついているとは知りませんでした。
それがVERPというらしいです。

ちなみに、PostfixのVERP Howtoはこちらです。

さて、皆さんが受信しているメルマガとかのメールヘッダを見たことをがありますか?

今回はメールヘッダの部分で、Return-Pathという項目についてです。こちら、メールを配信して、エラーとなった場合などにそのメールアドレスに返事を返すためのメールアドレスです。ではメールを書くときにFromなどでもエラーが帰ってくるのですが、これはFromとこのReturn-Pathが同じようにしているだけなのです。基本的にエラーはこのReturn-Pathに帰るのです。

メルマガなどでメールを送るときには、このReturn-PathのメールアドレスとFromのメールアドレスを違ったものにします。

つまり、機械的なエラーはReturn-Pathに帰り、返事はFromというようにするのです。
こうするのは、機械的なエラーを自動的に処理したいからなのです。

このPostfixのVERPの機能で説明すれば、

user@domain へメールを送りたいときに、このReturn-Pathには owner-listname+user=domain@origin のようなメールアドレスにすると説明には書いてあります。
そう、Return-Pathに送り先の情報が隠れているのです。

これで、user@domainにメールが届かない場合には、owner-listname+user=domain@origin がメールを受け取るので、そのメールアドレスを見れば、だれ宛のメールがエラーなのかわかるというわけです。

ちなみに、通常のメルマガではこんな簡単なふうにはしないでしょう。
たいてい、何やら暗号らしきアルファベットやら、数字やらがあるとおもいますが、これが送り主のみ知っている内部のユーザ識別IDというわけです。

ただ、こういった機能がPostfixにはデフォルトであるのですね。びっくりです。

ただし、この機能は使わないほうがいいですよ。
携帯とかのメールアドレスで最大までつける人がいるんですよ。
そしたら、そのメールアドレスにほかの情報をつけるんで、最大をこえますよね。
そのせいでメールが送れなくなることがあるんです。

エラーを追跡するための情報が原因でエラーになるなんてしゃれにならないですからね。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ