前回の続きで、可変関数を利用して複数の配列をマージするユーティリティクラスを作ろうとおもったら、すでにありました。

array.concat(… args):Array

下に、マニュアルに載っていたサンプルをもとに、引数を複数にして試してみました。
詳しくはマニュアルを見てください。
[AS]
var numbers:Array = new Array(1, 2, 3);
var letters:Array = new Array(“a”, “b”, “c”);
var numbersAndLetters:Array = numbers.concat(letters,”A”,”B”,”C”);

var obj:Object = new Object();
var lettersAndNumbers:Array = letters.concat(numbers,obj);

trace(numbers); // 1,2,3
trace(letters); // a,b,c
trace(numbersAndLetters); // 1,2,3,a,b,c,A,B,C,D
trace(lettersAndNumbers); // a,b,c,1,2,3,[object Object]]
trace(letters); // a,b,c
[/AS]

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2009年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ