今回はComboBoxの表示についてです。ComboBoxとはHTMLでいう、Selectですね。

今回は、そのComboBoxの

とう感じのものを出したいなと思います。

ただし、これをdataProviderとして提供するのではなく、別なオプションとして提供したいのです。
私は面倒なので今までdataProviderとして記述してしまいましたが、本来はデータとしてではなくプレゼンテーションのみの部分なので、
やっぱり別なこととして扱いたいなーと思っていました。

そこで、本格的(?)に調査しましたところ、見つかりました。
結論からいえば promptというプロパティがComboBoxにはありました。

と書けばおしまい。・・・・・ だったはずなのですが、出ません。

なぜ・・・なぜ・・・
でも、ほかのプログラムで書いた時には出たのに・・・・・

いろいろ調べていたのですがどうしてもわかりません。
でも、回避する方法だけはわかりました。

<mx:ComboBox prompt=”—選択—” selectedIndex=”-1″>

のようにselectedIndex=”-1″も合わせて設定すれば大丈夫なようです。

なぜ、-1を設定するようにするかといえば、ComboBoxのset selectedIndexメソッドにマイナスならば・・・・promptを
って感じの部分があったので、まあ、関係があるのかなと入れてみました。
そしたら、ほぼ問題なく動くようになったので・・・というレベルです。

ただ、ソースでの問題ではなく、HTMLに埋め込んだswfの表示では問題が発生しましたが、airや、Flash Player単体での表示では問題がでませんでした。

引き続き、あたまの隅に置いておこうと思います。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2009年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ