ことの発端は、よくアプリケーションであるウィザードコンポーネントを作成しようと思ったところが発端だ。
ウィザードコンポーネントとは、画面が数枚あり、それを「次へ」で遷移していき処理を終了させるというやつだ。

はじめは、ポップアップを切り替えて作ろうとも思ったが、それではたびたび作るときに面倒だと思ったので、いっそ、作成してみようと思った。

しかしながら、意外に難しい。
やろうとしているのはViewStackのように中にコンポーネントをmxmlで追加してくことができて、その部品(ページ)でウィザードが自動的に出来上がるという感じだ。

まずは、ViewStackを継承してあらたに、Wizardとうコンポーネントを作成することにした。

さて、ViewStackを継承してみたものの、どこにボタンを表示させればいいのだ?という疑問にぶつかった。
ボタンを通常どおり、ViewStackにaddChildしては、ボタンがページになってしまうではないか・・・・

んー、と思っていたら、そういえば、TabNavigatorが同じようにViewStackを継承して作っているにも関わらず、
TabBarを上部に表示していたことを思い出した。

このTabBarの部分をHBoxにして下に表示させれば問題ないはずだと気がついた。

で、TabNavigatorを見よう見まねで作りかえ完成した(させた)ものが下のような感じです。

This movie requires Flash Player 9

<ui :Wizard>
   <mx :Canvas />
   <mx :Canvas />
   <mx :Canvas />
</ui>

こんな感じで、コンポーネントを表示することができるようにしています。
また、単なる表示するだけなので、今後の課題としては、このボタンを操作とイベントが扱えるようにしたいと思います。

まだ、途中ですが、ソースはここからダウンロードできます。

あと、理解の課題としては、Flexでのコンポーネントのサイズの計算をもっと理解しなければなと思った限りです。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2009年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ