CentOSでのiptablesの設定で再起動時にも設定が反映されるようにするために、ファイルに記述するのだがいつも忘れてしまうので、

メモ書きのために書いておきます。

/etc/sysconfig/iptables

のファイルに記述する。
まあ、/etc/init.d/iptablesの中身を見ればいいのではあるが・・・・

ちなみに、このきっかけがvncのポートをあけるためなのでそれもメモ。

-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 5901 -j ACCEPT

のように記述すれば、vncのディスプレイ:1の画面が開けるようになる。

ポート番号は 5900 + ディスプレイ番号になるようだ。

お仕事のご依頼・相談を承ります
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら

Leave a Reply

お仕事のご依頼・相談
この記事に関連するお仕事のご依頼やご相談をお待ちしております。 詳しくは、こちら
ソフトウェア&ライブラリ




ライブラリ
airxmail(en)
AIR版メール送受信ライブラリ
airxzip
AIR版ZIP圧縮・解凍ライブラリ
執筆書籍
本、雑誌等

WEB記事:CodeZine
執筆記事はこちら
カレンダー
2009年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カスタム検索
RSS
Add to Google < !–adsense–>
アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村 IT技術ブログへ